医師におすすめの節税方法【儲ければ儲けるほど税金がかかる】

記事リスト

聴診器

不動産投資に有利な条件

高収入で多忙な医師にとって、おすすめできて有利な節税方法がある。それが不動産投資である。オフィス風の医療スペースなどの不動産を所有することで節税できる。さまざまな経費を計上でき、減価償却費による損金計上など、医師に取って有利な面も多いので活用すべきである。

詳しく見る

医者の税金対策方法とは

PC操作

いくつかの方法がある

独立開業した医師はたくさん儲けられていいと思われがちですが、当然、儲ければ儲けるほど税金がかかります。そこで、医師も節税を考えることがあるのです。その方法はいくつかあります。まず一つ目は不動産を所有することです。医師に立派な家が多いのは節税にも繋がっているというわけです。また、会社を設立するといった方法も挙げられます。医師でも会社を作ることは可能です。こんなふうにして節税を行えば、安心していくらでも稼げます。それから、独立開業した医師だけではなく、勤務医であっても儲ける人は儲けることでしょう。勤務医も当然、節税を考えることがあります。勤務医の場合、特定支出控除といったものが有効的です。これは仕事に関する出費を自費にした場合、その合計が給与所得の控除額半分を超えると給与所得の控除額に加算できるといったものになります。この自費にあたるものとしては、資格取得費用や書籍代、学会関連の費用といったものが挙げられます。つまり、医師であっても様々な資格を取得することはあるので、スキルアップのために何らかの資格を取得するといいというわけです。それから、還元申告といったものもおすすめです。例えば、他の病院でもアルバイトをしている医師も居ることでしょう。このような人が還元申告を行うと、控除されていない部分の税金が戻ってくることがあるのです。このように、知識を身につけて少しでも節税ができるように工夫をすることが大事です。

電卓とお金

活用できるさまざまな制度

収入が多い医師が節税を行うことには大きな意味があります。日本の所得税は収入が多いほど高い税率が課せられる仕組みになっているので、できるだけ手元に残る資金を増やすにはしっかりとした節税対策を行うことが不可欠です。

詳しく見る

医者

医療法人を設立します

医師の節税で一般的に利用される方法は法人化です。個人経営の医療機関を医療法人にして医師が給与を得ることで、少なくとも給与所得控除の分は節税になります。更には、法人契約の節税目的の経営者保険を活用することも可能になります。

詳しく見る

電卓とお金

日本の医療費の増加

医療費の国民負担が増大する中で医師は人気の職業となっています。勤務医は通常の労働者と変わりませんが、独立して開業すると確定申告することになり、節税を図ることが可能となります。当初は開業費用で赤字にすることが可能です。法人にすると節税の恩恵は大きくなり、減価償却の活用も重要となります。

詳しく見る

医者

償却と保険が有効です

医師は医療法人を設立して節税をすることが多いです。医療機器の減価償却にも税務面の効果がありますが、生命保険を活用した節税が広く行われています。大手の生命保険会社が新商品を次々に開発しており、医師の節税で活用されています。

詳しく見る

PICK UP

聴診器

不動産投資に有利な条件

高収入で多忙な医師にとって、おすすめできて有利な節税方法がある。それが不動産投資である。オフィス風の医療スペースなどの不動産を所有することで節税できる。さまざまな経費を計上でき、減価償却費による損金計上など、医師に取って有利な面も多いので活用すべきである。

詳しく見る

電卓とお金

活用できるさまざまな制度

収入が多い医師が節税を行うことには大きな意味があります。日本の所得税は収入が多いほど高い税率が課せられる仕組みになっているので、できるだけ手元に残る資金を増やすにはしっかりとした節税対策を行うことが不可欠です。

詳しく見る

医者

医療法人を設立します

医師の節税で一般的に利用される方法は法人化です。個人経営の医療機関を医療法人にして医師が給与を得ることで、少なくとも給与所得控除の分は節税になります。更には、法人契約の節税目的の経営者保険を活用することも可能になります。

詳しく見る

電卓とお金

日本の医療費の増加

医療費の国民負担が増大する中で医師は人気の職業となっています。勤務医は通常の労働者と変わりませんが、独立して開業すると確定申告することになり、節税を図ることが可能となります。当初は開業費用で赤字にすることが可能です。法人にすると節税の恩恵は大きくなり、減価償却の活用も重要となります。

詳しく見る

医者

償却と保険が有効です

医師は医療法人を設立して節税をすることが多いです。医療機器の減価償却にも税務面の効果がありますが、生命保険を活用した節税が広く行われています。大手の生命保険会社が新商品を次々に開発しており、医師の節税で活用されています。

詳しく見る