医師におすすめの節税方法【儲ければ儲けるほど税金がかかる】

記事リスト

医療法人を設立します

医者

給与所得になります

医師が節税を検討する際に、一般的に利用されるのが医療法人の設立です。個人経営の病院や医院を法人化して、医師はその医療法人の理事などとして給与を得る仕組みです。医療法人の設立に関する規制が緩和されて、比較的要件が緩くなっていることも背景にあります。医師が個人経営の医療機関を法人化して給与を得るだけで、単純に給与所得控除の分だけでも節税になります。また、配偶者やその他の親族についても医療法人の職員として給与を支給することが可能になります。日本の税制は法人税は減税の方向であり、個人の税金は増税の方向にあります。日本は法人税率が海外諸国との比較において高いことから、産業の空洞化を招いているとの指摘があるため、法人税率は引き下げられる傾向にあります。このことも法人化による節税につながっています。医療法人は株式会社などの法人と同様に利益に課税されます。ただし、株式会社よりも若干の税制優遇はあります。そのため、節税目的の経営者保険などを利用することが一般的です。この有効な節税手段も法人化しなければ利用できません。医療法人が契約者となって保険料を支払い、医師が被保険者になります。保険料の全額または一部が税務上の損金になり、解約した際の解約返戻金の返戻率が高い商品を使って節税するのです。近年は節税に活用できる経営者保険の新商品が次々に開発されており、特に保険料の全額が税務上の損金になる商品が人気です。