医師におすすめの節税方法【儲ければ儲けるほど税金がかかる】

記事リスト

償却と保険が有効です

医者

保険の新商品が人気です

医師が節税する場合に、医療法人を設立することは大前提になります。医療法人から給与を得ることで給与所得控除が可能になる上に様々な節税方法があります。医師として事業をするためには、医療機器が必要になります。しかも、その価格は高額であって、医師が開業する際には資金負担があります。この医療機器は減価償却ができますので、節税効果があります。医師の節税で一般的に活用されるのが、医療法人が契約する生命保険です。保険料の全額あるいは半額などが税務上の経費になる上に、解約した際の解約返戻金の支払い保険料累計額に対する比率が高いことが大きなメリットになります。この節税保険が近年は次々に発売されています。その多くが保険料の全額が税務上の経費になる商品です。外資系の生命保険会社が先行して発売しましたが、国内の大手生命保険会社も新商品を提供しています。日本は高齢化社会が進んでおり、医療に対する必要性は増しています。医師は多忙な労働実態である一方で、高い報酬を得られる環境にあります。受験においても医学部の人気は引き続き高い傾向にあります。そのような環境にあって、医師が節税をしたいと考えるのは当然のことであって、過酷とも言える労働環境で得た収入の多くを税金として支払うことに抵抗があるので、節税の保険などを活用するのです。個人経営の医師は医療法人を設立して節税する傾向が続いており、それが可能になる法制度も整備されています。