医師におすすめの節税方法【儲ければ儲けるほど税金がかかる】

記事リスト

不動産投資に有利な条件

聴診器

なぜ不動産投資なのか

最近では低金利であることや消費税増税前ということもあって不動産投資が人気である。主にワンルームマンションでサラリーマンや公務員が多いが、実は医師の方が有利である。医師こそ節税のためにも、将来の投資のためにも積極的に不動産投資を行うべきであろう。医師の特徴としては、非常に多忙であり、しかも収入が高いということがあげられる。不動産を取得すれば、管理費などの費用がかかるが、これらの費用を経費に落とし節税することができる。医師にとっては自分が忙しくてもプロの不動産会社に管理を委託すれば、自分で管理しなくてもすむ。さらに減価償却費という費用を計上することができる。これは税務上の損金に計上することができ、その分利益を減らすことで節税効果が図れる。そして、サラリーマンや公務員に比べて医師が有利な点は繰り上げ返済と出口戦略であろう。まず繰り上げ返済だが、多額の収入がある意思であれば、収益の出る物件を購入し、収益が出たら繰り上げ返済を行うことができる。不動産投資の収益だけでなくて、自分の本業の収入を使って繰り上げ返済することも可能である。こうすることで資産価値が減らないうちに早期にローンを完済することができて、家賃収入をそのまま受け取ることができる。しかも繰り上げすればするほど利率は下がっていくので得する。もう一つの出口戦略だが、売却しなくても自分が事務所や医療スペースなどにより利用することができる。サラリーマンや公務員ではこれができず、売却に困るケースが良くある。TRIVEなどの医師向け不動産投資専門業者では節税アドバイスから出口戦略コンサルタントまで相談できるのでおすすめである。