医師におすすめの節税方法【儲ければ儲けるほど税金がかかる】

記事リスト

日本の医療費の増加

電卓とお金

確定申告の実施

日本では少子高齢化の影響によって社会保障費の増加が顕著になっており、医療費の負担が重くなっています。医師は資格を保有すれば定年のない職業となりますので、人気のある職業となっています。しかしながら勤務医であれば、一般のサラリーマンと変わらず、源泉徴収で税金を払うことになります。医師は独立して開業をすると、個人事業者となり、収入に対して確定申告を行うことになります。開業する場合には初期投資が必要となりますので、投資のやり方によって節税効果の恩恵を受けることが可能となります。病院を開設する際には金融機関からの借り入れが一般的になりますが、医師は信用力がありますので比較的有利な条件で借り入れを行うことが可能となるケースが散見され、支払利息によって当初の収支が赤字となるため節税効果を享受することができます。医師として個人で事業を行うことも可能ですが、法人組織とすることによって節税を可能とすることになります。法人組織にすることで法人に内部留保を行うことで個人の所得を抑えることができますので、全体としての節税を実現することになります。法人組織にすることによって個人レベルでは認められない必要経費も計上することが可能となりますので大きなメリットとなります。最近は医療機械の進歩が著しいため、機械は一般的にリースとするケースが多くなっていますが、一定の機械は購入することで加速的な減価償却をことができ、節税に繋がることになります。